インターネットを検索していると、太陽光発電の見積りをするサイトと、太陽光発電を販売している業者のサイトがでてきます。

 

 

パッとみるとあまり違いがわかりませんが、内容は全く違います。インターネットによくある見積りサイトは自分の家の屋根の形状や長さ等を入力して複数の会社から一括して見積りを取り寄せるシステムになっています。

 

 

一方、販売業者は読んで字のごとく太陽光発電を販売している業者です。そこのページですぐに注文することができます。分かりやすく言うと楽天で買い物をするような感覚です。

 

 

 

見積りサイトと販売業者を一瞬で見分けるコツは
サイトを開くとすぐに分かります。

 

 

見積りサイトであれば、見積りを出すために必要な情報を入力する画面がありますし、販売業者であれば、太陽光発電○○万とデカデカと記載されています。

 

 

どちらを利用するのかは現在の状況によります。太陽光発電を設置したいけど、どうすればいいのかわからないというような、これから階段を登り始める方。

 

 

販売業者を利用する方は価格、保証、アフターサポート等を調べつくして、あとは注文するだけという最後の階段を登リ終えるところまできているところの方。

 

 

 

今の時代、わざわざお店に行かなくても太陽光発電の知識はインターネットで何でも調べることができます。

 

しかし、口コミや評判はネットでも限界があり、適当なことを言っていることも多々あります。

 

 

ネットに氾濫している情報は鵜呑みにせず、自分の判断で販売業者や見積りサイトを利用しましょう。たくさんある業者や見積りサイトがあるなかで利用価値があるものを当サイトでは取り上げているので利用する場合は参考にしてみて下さい。